オナニーポイントである両

奴隷の体力と気力を著しく消耗する可能性があるため完全な宙吊りまで持って行くことは

股間が疼き
ああ、待ち遠しいわ。土日も電話するか知れない。その時は出るんだぞ。はい、わかりました。土日に電話、と聞いて少し嫌な事が頭をかすめましたが、そんな事はオクビにも出しません。この調子なら易々と。出来そうでした。何か私に抜けてる事があるんでしょうか。ああ、生きてて良かったぜ。お前みたいないい女と巡り会えるなんてな。そんな、オーバーですわ。ちょっとハードに調教し過ぎたみてぇだからな。
膣が

射精を受け入れさせられたあの感触が

しっかり休めよ、千寿。はい、ありがとうございます。町田先生が感激を隠さず言葉にするのを聞いて、私は少しだけこの男に心を許しそうになってしまいました。彼は何と少し涙ぐんでいたんです。だからその後の言葉は百パーセント欺瞞ではありませんでした。だけどもう終わりです。私は明日、この男を裏切って正ちゃんとデートし、初めて体を許すつもりでした。彼がためらってしまわぬよう、私の方から積極的に誘って関係を持つんです。

 

セックスの回数と反比例して1人えっちの回数が増えて来ました

失敗する事なんか考えられませんでした。私は優しい言葉を掛けて来る町田先生にわずかだけ良心の呵責を覚えながら、家路に付いたのでした。でもよく考えれば、町田先生に同情してやる余地は全くありません。解毒をすましてしまえば、迷う事なくての男を警察に突き出すべきでしょう。私が町田先生の呪縛から解き放たれて自由を手にするまで後わずかでし反逆次の日予定通り正ちゃんの車に乗り込んで、ちょっと早いけど海でのデート。少しだけ心配してた町田先生からの電話連絡もなく、こんなアッサリ彼氏とデートを出来ちゃうのが不思議なくらいでした。
お尻見せ

みるみるペニスが充血してきた
やっぱり町田先生は悪漢だけど抜けてます。身も心も屈してしまったと言う私の演技に手もなく欺され、他の男性に中出し射精されれば解毒されてしまう、と言う致命的なスキを私に許してしまったのです。もっとも私の堕ちっぷりは完全に演技とも言えない代物でしたから、あんなに自分にメロメロの女性が浮気してしまうなんて考えられないと、町田先生がタカを括ってしまうのも無理からぬ事でした。おかげで、昨日まで体中に張り巡らされて解けなかった縄も外されています。どの道正ちゃんに頼めば外せそうでしたが、こんな障害物もないに越した事はありません。だけど携帯電話を持たずに行く事だけは出来ませんでした。

 

チンチンが入ってきます

私が手にした純白で布地の小さいビキニ水着を見て、慌ててる正ちゃん。それはこの店で最も過激なデザインだったんですけど、今日彼に初めて抱かれ解毒を果たしてしまわねばならない私にとっては必然の選択でした。それに正ちゃんが冗談半分に言ったのも覚えています。彼が私の。ハイレグビキニ。姿を本当は期待してるのもお見通しでした。どうかな?やっば小っちゃ過ぎる?そ、そうだね…でも、とっても似合ってるよ。

アソコをウズウズ濡らしていらっしゃるんですね


それは呼び出されれば出るようにと言う町田先生の言葉に縛られている証拠で、途中で呼ばれてしまうのだけは不安でしたが、どうやら杞憂みたいです。町田先生は私が今デートしてるなんて夢にも思わず、疲れて休んでるのではないでしょうか。50歳近い年齢の先生は私の中に物凄い回数の射精を果たす毎日で、絶対にくたびれ切ってる筈だと思いましこうして本当に気分も軽くウキウキしながら、私は水着を買うため途中で店に寄って貰いました。ち、千寿ちゃん!そんなの駄目だよ。どうしてぇ?正ちゃんが言ったんだよ、ハイレグビキニ。ヤバイって!みんな君の事見るだろうし。妬かないんだよ、正ちゃん。試着して来るからね。
亀頭を舐められ絶好調の男もお返しに